美肌のコツ ~しみ対策編~

男性などがよく会話している女性のすっぴんが好きという会話。

あれにだまされないでください。

 

実際は、ナチュラルメイクの女性が好きだという事です。
つまり、素肌風。
ここでのポイントは”風”ということ。

なぜかというとしみやシワはみるのが嫌のです。
女性の肌にそうしたものはないという幻想を抱いているのです。
だから、実際にしわやしみを目にすると幻滅してしまう。
あまちゃんですね。

結局メイクといわれますが、女性では当たり前のコンシーラーなどは

男性は全く理解していません。そういった部分を把握して、

対処していくことがとても大切に思います。

その為にも、40歳付近から増え始める、加齢による小じわは、あらかじめ予防する事が可能です。

ずは紫外線に当たりすぎない事という事です。紫外線に含まれるA波は肌の奥深くまで入り込むために、

大量に浴び続けてしまうとA波によってコラーゲンや肌の中の細胞が傷ついてしまい、これが修復されなくなる事が、小じわやシミ治療にきび治療そばかすの原因となります。

また、紫外線に含まれるB波は肌の表面部分の肌を老化させると言われています。

小じわが気にならない30歳代から、外出時には紫外線防止クリームを使用したり、帽子をかぶるなどして、

できるだけ紫外線を当たらないようにするだけでも、その後のシミ治療にきび治療そばかす、小じわの現れ具合に影響してきます。

また、洗顔時においても、できるだけ肌への刺激が少ないものを使う事が重要です。

洗顔だけでなく化粧落としにおいても肌にやさしく行う必要があります。肌への刺激は細胞を傷つけるからです。とにかく肌を優しく扱う事が予防としては重要なのです。

 

交通事故を最近みかけました。他人事と思っていたら、いけないことです。

起こしてしまったときにしなければいけないこと考えてみようと思います。